甘いスイーツを食べてニキビをケアする魔法の食品はコレ!


甘いスイーツを食べてもニキビに影響しない食品(甘味料)を
ご紹介します。

 

パルスイート、ラカントという甘味料です。

 

前者は人口甘味料ですが、糖質は上がりにくく比較的お求め
安い価格です。

 

後者は自然の甘味料ラカンカという植物から抽出したもので
ちょっと割高です。

 

どちらもスーパーでも手に入ります。

 

市販のダイエット系の食品にはパルスイートが使われている
ことが多く血糖値を抑えるのでニキビケアにも使えます。

 

 

 

ニキビをできにくくするお菓子


ニキビをできにくくするお菓子を少しまとめてみました。

 

ポイントはカロリーゼロや糖質0、糖質オフなどです。

 

1、カロリーゼロのゼリーはコンビニでも売っています。

2、ロッテのチョコレート、カロリー0

3、グリコのカロリーコントロールアイス

4、ナチュラルローソンのブランシリーズ

5、アルコールでも糖質ゼロと書いている物

 

ここで挙げた食品のほとんどがコンビニでも手に入りや
すいものばかりです。

 

このようなものを中心に選び、慣れてきた成分表の糖質量
(炭水化物)を見てお肌の状態と相談しながら食べるといい
でしょう。

 

 

 

甘いお菓子を食べながらニキビをケアするポイント


甘いもの食べるだけでちょっとした幸せを感じさせてくれる
のでついつい食べてしまいますね!?

 

お肌に悪い、ニキビができるとわかっていても…

 

でも、甘い物ってなかなか止められないですね。

 

そこで、一日の食事の糖質(炭水化物)の摂取量を抑えること
でお菓子を食べながらニキビをケアする方法をお伝えします。

 

この方法をお伝えするのは、糖質の過剰摂取が体内で分解す
る際にビタミンやミネラルを消費してしい、ニキビの原因に
なるからです。

 

ザックリとですが、お米や麺類、パンを控えるという方法
です。

 

これもあまりストイックにするとストレスになるので軽く
できる範囲からはじめるのがポイントです。

 

例えば、茶碗1杯分(150g)のご飯の糖質量は55gです。
これを朝、昼、晩3食食べると165gになります。

 

これに、お昼はラーメンライスなどということをすると、糖質
の摂取量は200g超に、間食に菓子パンなどというとすぐに
300gと増えていきます。

 

なので、主食を1食分でも控えようにしましょう。

チョコレートの一粒の糖質が3gとすると、茶碗1杯のご飯に
換算すると約18個分になります。

 

1食も抜けないという場合は、半分、1/3と減らしていくと
いいでしょう。

 

 

 

ビタミンC誘導体は抗炎症作用がある故に使えないな3つの肌タイプ!


ビタミンC誘導体は抗炎症作用や皮脂分泌抑制作用があり
ニキビ、肌荒れはじめ多くの肌トラブルに対応できます。

 

しかし、抗炎症作用が強いため使えない人もいます。

 

大きくですが、3つの肌タイプをまとめてみました。

 

1、乾燥肌(インナードライ肌)

 

2、敏感肌

 

3、粉吹き肌

 

 

1は、皮脂の過剰分泌を抑える事で余計乾燥して
しまい逆に炎症してしまう可能性があるからです。

 

2は、ビタミンの刺激が強い炎症してしまう可能性が
あるとういことです。

 

3は、1の状態とほとんどおなじなので先ずは保湿を
することが重要です。

 

ざっくりですが、参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

イオン導入器でビタミンC誘導体を100倍浸透でエイジングケアも!


APPSとフラーレンのコラボが美肌に抜群なワケとは?

 

APPSは浸透力がビタミンの10000倍あり、美肌に欠か
せない成分のひとつです。

 

しかし、抗酸化力においてはビタミンCとあまり変わらないよ
うです。

 

ここで、フラーレンという成分の登場です。

 

フラーレンは抗酸化力がビタミンCの125倍もあります。

 

これが、あるとAPPSを浸透させても酸化を防ぎ、活性酸素
なども防ぎながら長時間ビタミンの作用をキープすることがで
きるのです。

 

品質をいい状態に保てればキレイな美肌を手に入れやすいとい
うことです。

 

 

 

プルプルハリ弾力成分の生成が高いAPPSとは?


プルプルハリ弾力成分であるコラーゲンの生成にもすぐれてい
るAPPS(アプレシア)はビタミンC誘導体の100倍の浸透
力がある成分です。

 

ビタミンCと比較すると10000倍の浸透力があります。

 

また、水溶性と脂溶性の両方の特性を兼ね備えているので、
安定性もよくお肌の奥の真皮層まで浸透できるのコラーゲ
ン生成もできるのです。

 

だから、継続して使うことでシワ、たるみもサポートするこが
でき、エイジングケアにもつながるのです。

 

 

 

ビタミンC誘導体配合化粧水でポツポツ毛穴をケア


ビタミンC誘導体入り化粧水では凹凸状のクレーターニキビ跡
は治すことができませんが、ポツポツの毛穴ぐらいまでだと美
肌に近づけるでしょう。

 

ビタミンC誘導体には炎症を抑える働きがあり、毛穴引き締め
作用もあるからです。

 

 

 

ニキビ跡をケアするビタミンC誘導体配合化粧水で汚肌をケア


ビタミンC誘導体の化粧水は吸収がよく肌にサッとなじむので
従来のビタミンCよりもニキビもニキビ跡のケアにも使うこと
ができます。

 

ニキビ跡というのは、色素沈着したようなものでこの元ににな
るメラニン色素の生成を抑えることができるからです。

 

また抗炎症作用、お肌のターンオーバーをスムーズにする働き
もあるので汚肌をケアすることができるのです。

 

ターンオーバーが早くなり、お肌の老廃物が排出されれば
炎症もめだたなくなるとお肌を白く見せることができます。

 

だから、ビタミンC誘導体はニキビ跡にも幅広く使われている
のです。

 

さらに、イオン導入器というのを使えば浸透がもっとよくな
ります。

 

 

 

ビタミンC誘導体で毛穴引き締めアップでお肌ツヤツヤをゲット!


ビタミンC誘導体は毛穴引き締めアップにも期待できる成分
です!

 

ビタミンC誘導体は通常のビタミンCに比べると浸透力が
100倍すぐれています。

 

毛穴は個人差がありファンデーションをしていても目立つ
こともあると思います。

 

また、毛穴にファンデの油分がたまりニキビを作り出してし
まうということもあります。

 

だけど、毛穴を引き締めることができればお肌もツヤツヤの
マシュマロのようなお肌にもケア次第では期待できます。

 

 

 

ビタミンC誘導体とビタミンCの違いは?浸透力アップで美顔器フリー


ビタミンC誘導体とビタミンCは浸透力が100倍違います。
また、安定性もいいのでビタミンCをそのままお肌に届かせ
ることができます。

 

ビタミンC自体は壊れやすく、もろい成分なので角質層に浸透
するまで至らないのです。

 

また、さらに浸透力のすぐれた進化型ビタミンC誘導体はパワ
ーアップして、更に浸透力が100倍あります。

 

ビタミンCと比較すると、10000万倍の浸透力ということ
になります。

 

ここまでくると美顔器でビタミンCを入れるというケアをはぶ
くことができます。