購入前にチェック!プロアクティブのスクラブ洗顔はホントにいいの?


プロアクティブの洗顔フォームにはスクラブ剤が配合されて
いるんですが…

 

これについていいのか、悪いのか意見が別れるようです。

 

 

ニキビだと角質がかたくなり、毛穴に皮脂汚れがつまってい
ることが多いのでこれらの除去の目的ではいいのですが。

 

刺激が強いので、逆に皮脂を過剰分泌させてしまうというこ
とも考えられます。

 

このようなことから、敏感肌や乾燥肌タイプは悪化するかも
知れないのでもしプロアクティブを使う場合は保湿を念入り
にするということが大事です。

 

 

ただ、ニキビケア売り上げNO1の座は根強くリニューアル
したプロアクティブプラスは乾燥しないような成分の配合と
新しい技術が使われています。

 

また、使いきっても60日間商品代金全額返金保証という
のがあるのでお試しいただく価値があるでしょう。

 

 

 

オルビスでニキビの赤み、炎症は消せる!?


ニキビの赤みや炎症はコスメでケアするのは限界があり
ます。

 

お肌表面の一番あさいところ、角質層までなら軽症の場合
は2~3ヶ月ていねいにケアすると消せるかもしれないと
いうレベルです。

 

なので、中から重症の場合でニキビ跡を高い効果を実感し
たい場合は美容皮膚科での治療が望ましいです。

 

また、APPS(アプレシア)はクリニックでも使われて
いて少し高いですが、この単体の化粧水などで自分でケア
することもできます。

 

オルビスのクリアのニキビラインは日常的使う分には予防
という意味ではいいコスメだと思います。

 

 

 

モコモコ泡が汚れを吸着!オルビスニキビ用洗顔のポイントとは?


オルビスのクリアシリーズ、ニキビラインのクリアウォッシ
ュはモコモコとしたキメの細かい泡で洗いあげることができ
ます。

 

スクラブが入っているので、角質の毛穴をおそうじしてくれ
ます。

また、お肌を健やかに保つための和漢エキスを配合されてい
るので特徴です。

 

また、ニキビケアコスメとしても他の物より安いので一度
お試し頂いてもいいと思います。

 

 

 

ニキビ跡を隠すオルビスのファンデーションでツヤ感アップ!


軽いニキビ跡だとオルビスのファンデーションで隠すことが
できるようです。

 

擬似肌粉体というようなものが配合されていてこれが、自然
体のお肌に見せることができるようです。

 

もちろん、お肌がえぐれたような、クレーターやひどい凹凸
の場合はちょっときびしいですが…

 

炎症レベル、毛穴が少し見えるぐらいまでならサポートしてく
れるようです。

 

 

 

オルビスクリアがニキビに働きかける3つのヒミツ!


オルビスクリアシリーズのニキビケアは、

 

1、紫根エキス(ターンオーバーを整える)

 

2、甘草エキス(ニキビ、炎症などに)

 

3、高保湿成分配合(コラーゲンなど)

 

 

和漢植物で界面活性剤などお肌に刺激のあるものを配合
せずに作っています。

 

 

大人ニキビにはなかなかない発想なので今までどれを使
ってもダメという場合一度トライアルでお試しいただく
といいと思います。

 

 

 

購入前に必見!大人ニキビにオルビスクリアを使ってちゃダメな人!


ニキビケアに人気の高いオルビスクリアですが使わない方が
いい肌タイプを口コミを参考にしてまとめてみました。

 

 

・敏感肌でお肌の弱い人

・極度の乾燥肌(インナードライ肌)

 

 

絶対とはいいきれませんが、このような肌タイプの場合は
ピリピリ、ヒリヒリ、かゆい、ツッパり感などを感じてる
人が多いようです。

 

 

また、クリアローションはアルコール臭がするという口コミ
もありました。

 

あくまで先に挙げたのは目安ですが、もし試してみたい場合
はトライアルセットを購入する方がいいでしょう。

 

 

 

ビーグレンCセラムがニキビ跡をケアする2つのポイント!


ビーグレンのCセラムはピュアビタミンCというのが配合
されています。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成や皮脂の分泌を抑えるなど
の作用があります。

 

この他に国際特許を取得したQuSome(キューソーム)という
浸透テクノロジーを利用することで、角質の奥にも美容成
分を届けることができます。

 

これら2つのおいしいところを組み合わせることでお肌の
メンテナンスをしてくれます。

 

コラーゲンが生成されれば、ターンオーバーにもいい影響
を与えてくれるのでニキビ跡のケアもサポートしてくれま
す。

 

 

 

ビーグレンでニキビ跡とシミをケアするハイドロキノンとは?


ハイドロキノンはお肌の漂白成分で美容皮膚科のシミ、色素
沈着などの美白目的ではよく使われています。

 

クリニックではだいたい4%ぐらいの濃度で使うことで効果
が高いようです。

 

日本で化粧品で認められてる濃度は2%です。

 

ビーグレンは漂白成分であるハイドロキノンを配合すること
とQuSome(キューソーム)という浸透テクノロジーをダブルで
処方でニキビ跡やシミをケアします。

 

クリニックに比べるとハイドロキノンの濃度は低いですが、
浸透技術でカバーするようです。

 

 

 

ビーグレンのCセラムより進化型ビタミンC誘導体の方がいい!?


ビーグレンのCセラムはQuSome(キューソーム)という独自の
浸透テクノロジーで角質の奥まで美容成分を届けるようにす
る技術があります。

 

一方で進化型ビタミンC誘導体(APPS)は真皮層までビタ
ミンCを届けることができます。

 

この角質か真皮までの点が大きな違いだと思います。

本来は真皮層まで届けることが美容にはいいのですが、キュー
ソームは元々薬を届ける技術で医療現場でも使われいるようで
す。

 

また、時間差を使って美容成分を長い時間出し続けるという
のも他にはない特徴です。

 

なので、ビーグレンもニキビケアに期待できると思います。

 

 

 

ビーグレンが美容成分の浸透テクノロジーでニキビをケアするワケは?


ビーグレン浸透テクノロージー、QuSome(キューソーム)は独自
技術で角質の奥まで美容成分を届けることでニキビをケアしま
す。

 

では、さっそくキューソームのポイントを見て見ましょう!
4つのヒミツがあります。

 

1、肌への浸透が早い(角質に浸透しやすいナノサイズ)

 

2、ナノ化(カプセル)にすることで、肌に刺激を与えず
安定的に美容成分をとどける

 

3、今まで浸透しにくくかった成分も浸透独自技術で
浸透力アップ

 

4、時間差(スローリーリース機能)で長い時間美容成分を
お肌にためることでよりキレイに

 

このような、4つの技術がギュッと凝縮した事でニキビをケア
することができるのです。